ボイスオブコリア韓国の反応翻訳まとめ

最新記事

にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ
にほんブログ村

海外の反応ランキング

[韓国の反応]池上彰が韓国人ジャーナリストにNiziUについてインタビューした結果がこれ[韓国ネット民]韓国で放送しているわけではないので知ってるわけないだろう Dec 03, 2020
[韓国の反応]かりんとうをう◯ちと勘違いして、食べてる主を心配してくる猫のあまりの可愛さに韓国人も感動!「韓国ネット民]表情で十分すぎるほど伝わるんだな(笑)お前大丈夫かよ??って Dec 03, 2020
[韓国の反応]二度と日本に負けないと言っていたのにワクチンで日本に完敗してしましましたね[韓国ネット民]オリンピックのチケットを買ったらワクチンサービスとかしてくれないかな Dec 03, 2020
[韓国の反応]白人の描いた日本人の国民病のイラストを見た日本人の反応[韓国ネット民]なんで自分たちを客観視できてるの?思ったよりも正常な人たちなの?ふふふ Dec 03, 2020
[韓国の反応]日本の方々は敵国条項というものが存在するとは知らないのでしょうか?[韓国ネット民]自分たちが戦勝国だと思ってるんだろうな Dec 02, 2020
[韓国の反応]日本大使館前で車両が炎上 70代の男性が死亡「文在寅の扇動のせいで善良な市民が死んでしまったよ」の声

[韓国の反応]日本大使館前で車両が炎上 70代の男性が死亡「文在寅の扇動のせいで善良な市民が死んでしまったよ」の声

ソウルの日本大使館が入ったビルに車で突入しようとして警察に制止された70代の男性が、乗っていた車に火をつけ、重いやけどを負い病院に収容されましたが、その後、死亡しました。
警察によりますと、19日午前3時20分ごろ、ソウル鍾路(チョンノ)区の日本大使館が入居するビルの前で乗用車が炎上し、乗っていた70歳の男性が全身に重いやけどを負い、病院に運ばれました。しかしその後、死亡したということです。
引用元:https://bit.ly/32AHALQ

1: ななし

事実上、文在寅が殺したといっても問題ないだろ


2: ななし

総選挙のために反日感情を煽り、経済的に自国を痛めつけるのが今の韓国のリーダーだからなあ


3: ななし

知人から車を借りたって言ってるけど、貸したやつも罪に問われるのかな(笑)


4: ななし

さすがに中国大使館に突っ込む度胸のあるやつはいないか


5: ななし

>>4
お前が行けよ


6: ななし

親と子、二代続けて日本のせいで命を落とすなんて気の毒だね


7: ななし

日本との戦いは私たちは引き継ぎますから安らかにお休みください


8: ななし

なぜ日本の犯した罪のせいで韓国人がなくならなければならないのだろう・・・


9: ななし

悔しいのは十分にわかるけど、今の状況じゃ事態を悪くするだけだろうに


10: ななし

日本は嫌いでも神風精神は敬ってたんだろうね


11: ななし

文在寅の政治ショーに付き合わされてこんな事になってしまった


12: ななし

法や秩序、理性が消えていこうとしている。果たしてここは韓国なのかそれとも中国なのか


13: ななし

左派に先導された哀れな人としか言いようがない


14: ななし

国のことを本当に考えるのなら大統領府に行くべきでしたね


15: ななし

極端な愛国主義に走る人物が出てしました。これはテロリストと同等と言わざるを得ない


16: ななし

とても悲しいことですね。今やらねばならないのは自分の体を傷つけることではなく、日本製品や日本への旅行をボイコットすることなのに


17: ななし

反日感情の最大の受益者は安倍と文在寅だろうな。両国民はこいつらの掌の上で遊んでいるようなものだ


18: ななし

日本に軍事強化の口実を与えるだけだからテロなどの極端な行動に走ってはいけない


19: ななし

友達の車を借りてやることじゃないだろ


20: ななし

やっぱり韓国人は放火が好きだと世界に笑われるからやめろ!


21: ななし

日本に韓国人はテロリストという名目だけ与えただけのの犬死だろ


22: ななし

大使館の職員のほとんどは韓国人なのに、韓国人職員を殺してどうにかなると思ったのか


23: ななし

罪のない人が政治家の分断活動の犠牲になってしまいました。これ以上祖国の分断をもくろむ人々の犠牲者が出ませんように



引用元:https://bit.ly/2XYz1GZ

|にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ||||コメント(0) 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
海外アンテナ
    © 2020 ボイスオブコリア韓国の反応翻訳まとめ  Designed by 意地天